スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Entry: main  << >>

『Power of a Painting』


大阪で辺口芳典さんの紹介で出会い、その後、新潟まで僕と友人達を導くきっかけをくれたsaccoという不思議な女の子が5/22に千葉の柏に来るみたいです。

様々な偶然からの縁の繋がりがあって、「これはsaccoの展示に行かないと!」と思い、友人の助けを借りて、新潟まで足を運んだのが今年の1月はじめ。はじめて訪れた新潟の地では奇跡のような出会いがたくさんあって。
その後、新潟を離れて、ヒッチハイクで大分に向かったsaccoのことがずっと気になっていました。

islandからのメールマガジンにPower of a Paintingの文字を見つけた瞬間に、saccoが参加してるんじゃないかという気がして、ワクワクしながらメールの本文を読んだら、やっぱり、サッコって書いてあったのが嬉しかったので、こうして、勝手に告知しています。今回は、絵を飾るのではなく、トークゲストとしての参加のようです。

相手の作家の幸田 千依さんは、今年の初めに新潟にsaccoの展示を観にいくことにした時に、saccoのことを知らないのに一緒に付き合ってくれた友人の昔からの友人のようで、不思議な縁だよな〜と面白く思ってます。

この展示が気になってたり、たまたま時間があったりする人は是非、柏に足を運んでみて欲しいです。
きっとおもしろいんじゃないかな。

http://islandjapan.com/action/index.html


『Power of a Painting』@ 柏 island
2010年4月24日(土) - 5月30日(日)

赤羽 史亮、淺井 真至、天野 亨彦、榎倉 冴香、大野 智史、海野 貴彦、勝 正光、
幸田 千依、神馬 啓佑、竹内 翔、田幡 浩一、田和 篤、西山 弘洋、忽滑谷 昭太郎、
星野 武彦、正木 美也子、水谷 一、山口 聡一

このたび、「island」にて『一枚の絵の力』をテーマにした展示を開催します。
一枚の絵によって、人生がかわったり、ものの見方ががらりと変わる。そういう経験はありませんか?あるいはそういうことを体験するために、まだみぬ知らないものを探して、私たちはものを見、出会い、そして旅しているのかもしれません。あるいは、作家は、そういう一枚の絵を作れるか、という思いで、取り組んでいると思います。
今回の展示では、一作家一枚の絵で、挑戦していただくことにしました。また、作家には一人、どうしてもこの人にみてほしいという人をあげて頂き、その方にお声かけし応じて頂けたら、作家とのトークも行いたいと思っています。
今ここでまた、一枚の絵について考え、一枚の絵で表現する。そういった真剣勝負をみせられたらと思います。そして、表現の力について、再認識することができたらと思っています。ぜひ、あなたの一枚に会えるかどうか、みにきていただけたら幸いです。よろしくお願い致します。

<関連イベント>
以下予定になります。一部変更の可能性があります。

5/9(日)
13:00〜正木 美也子 × ラクパ・ツォコ(ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 駐日代表)
15:00〜水谷 一 × 本江 邦夫(多摩美術大学教授)
18:00〜田幡 浩一 × 粟田 大輔(美術批評)

5/22(土)
12:00〜海野 貴彦 × 西上原 久
14:00〜幸田 千依 × サッコ

5/23(日)
12:00〜勝 正光 × 薮前 知子(東京都現代美術館学芸員)
14:00〜田和 篤 × 池田 光弘

5/29(土)
12:00〜忽滑谷 昭太郎 × 加藤 泉
14:00〜赤羽 史亮 × 小西 紀行
16:00〜大野 智史 × 竹内 翔
18:00〜西山 弘洋 × 桑原 淳

5/30(日)
12:00〜榎倉 冴香 × 成田 栄子
14:00〜天野 亨彦 × 平田 立人
16:00〜大野 智史 × 濱野 智史(情報環境研究者)
18:00〜山口 聡一 × 吉岡 洋(美学者)

webなどで公開されている方の肩書きだけ記載させていただきました。
個人的なつながりの方も多く、応じて下さったゲストの皆様のご好意に、本当に感謝します。
出展作家の皆もありがとうございます。いい日になればと思います。

スポンサーサイト

Comment
Leave a Reply








Trackback